勝木龍の英語著書20冊
※結果には個人差があり、
すべての方が同様の結果になるとは限りません。
※体験セミナーの最後にスクール(有料)のご紹介があります。
※体験セミナーをキャンセルしたい場合は

講師紹介

世界最大のプライベートバンクUBS
元CIO(最高投資責任者)

勝木 龍 Ryu Katsuki

リーマンブラザーズ・バークレイズ・世界最大の資産運用会社ブラックロックなど
名だたる外資系大手金融企業での勤務経験を経て、300兆円の預かり資産を持つ
世界最大のプライベートバンクUBSでCIO(最高投資責任者)を歴任。


大手外資系金融会社において、長年にわたり5,000億円規模の資金運用に従事。


NHK「ニュースで英会話」のWEB担当講師を歴任し、
執筆した英会話関連の書籍は20冊にも及ぶ。


学生時代には英検1級を取得、京都大学大学院入試英語全国1位で合格。

京都大学では経済学博士号を取得。


学習院大学で6年以上に渡って教鞭をとり、一橋大学ではMBAも取得。

さらに公認会計士(CPA)と同等かそれ以上に合格が難しいとされている
米国公認証券アナリスト資格(CFA)を保有。


そしてNYやロンドンでの生活を活かし、実践型英会話講座「Smart English」を開校。

累計2000人以上の生徒を指導、中には同時通訳者や英語教師などまでもが
直接指導を乞うなど、様々な英会話教育にも力を入れている。


そんな勝木龍が今回初めて、自身の10年以上の外資系勤務の中で身に付けた、
現場で結果を出すためのビジネス英語セミナー、Smart Business Englishを開催。


勝木龍からのメッセージ


   
実際に    

※結果には個人差がありすべての方が同様の結果になるとは限りません。

※結果には個人差がありすべての方が同様の結果になるとは限りません。

※結果には個人差がありすべての方が同様の結果になるとは限りません。


あなたは今こんなことでお悩みではありませんか? あなたは今こんなことでお悩みではありませんか?
  • 仕事で外国人と話さなければならない。どうしよう?
  • 英語で電話が来ると焦ってしまう
  • 海外と取引したいが英語が心配
  • 社内公用語が英語になりそうで困った
  • 海外部門に行きたいけど今の英語力では無理…
  • 外資系に転職したい!と密かに思っている
その問題勝木龍なら解決できます その問題勝木龍なら解決できます

※体験セミナーの最後にスクール(有料)のご紹介があります。
※体験セミナーをキャンセルしたい場合は
話せない3つの理由 話せない3つの理由

「え?
今日も新しい例文がこんなに?
 多すぎて覚え切れないよ・・・」


ジネス英語を学ぶ人の多くが悩む、
この問題。

一般的なビジネス英語講座のテキストは多様なビジネスシーンを網羅しようとして、
どうしても範囲が広くなっています。

すると、実際には殆ど使わないレアなシーンまで扱うので、
表現・例文が多くなり、全て覚えるのには無理があります。


「実際にはこんな表現使わない」
「今時使わない古い言い方だよね」

・・・という表現まで知らずに学んでいたとしたら、どうでしょう?

あなたは無駄な努力を一生懸命、続けていたことになってしまいます。

本当は学んだら学んだ分だけビジネスの現場で「即」使える表現を学びたいですよね。

でも、
一般のスクールではそれができない理由があります。




「ネイティブ講師だから安心」
「バイリンガル講師だから安心」

どちらも巷で良く聞くフレーズですね。

でも、
「ビジネス経験が豊富な講師だから安心」 というのは聞いたことありますか?

「ビジネス英語」を学ぶ以上、
ビジネスの現場を知らない講師が教えるなんておかしいですよね。

例えると
和食を食べたことの無い料理人が、 日本食の料理教室の講師をやっているようなものです。

一流のビジネス英語の現場を知らない講師、単に英語を教えることしか知らない
「ネイティブ講師」「バイリンガル講師」にビジネス英語を教わることはナンセンスです。

「誰から教わるのか?」
教えてもらう先生自体の選択を間違ったら、伸びるものも伸びないのは当たり前ですよね。




「フルセンテンスで言えるようにしましょう!」
なんて話を聞いたことはありますか?

フルセンテンスとは完全な文のことです。

もちろん、
フルセンテンスで文章を覚えれば完璧な文を話すことができます。

しかし、
実はフルセンテンスには2つの問題があります。


1つは、フルセンテンスは長すぎて「覚えにくい」し「忘れやすい」ということです。

多数の例文をフルセンテンスで覚えていくのは、
かなり頭の良い人でも無理があります。


もう1つフルセンテンスは
「応用が効きにくい」
ということです。

完全な文として覚えているので、
状況に応じてアレンジして変化させることが難しいです。

ですので
「フルセンテンスで覚える」方法とは、
実は、ビジネス英語の上達を遅くする非効率な学習法といえます。


しかしこういった悩みを
1 1

講師
勝木 龍先生が直接あなたを指導。

「必ず話せるビジネス英会話」や
「中学英語だけで話せるビジネス英会話
「魔法の口ぐせビジネス英語
ビジネス英語 類語使い分け辞典」等、
計20冊もの英会話関連の書籍を出版しているビジネス英語の第一人者です。

また
NHK「ニュースで英会話」WEB担当講師も歴任。
さらに、実践型英会話講座「Smart English」では10年間で延べ2,000人を直接指導と、英語教育で超一流の実績があります。

でも実は
勝木先生が他の英語講師と圧倒的に違うのは、英語教育だけではありません。

勝木先生は、
他の英語教師には無いグローバルビジネスの最前線での経験と実績があります。
具体的には
世界的に有名な外資系企業で10年以上、勤務した実績があります。

リーマンブラザーズ、バークレイズ、ブラックロック、
そして、世界最大のプライベートバンクUBSCIO(最高投資責任者)という幹部にまで登りつめました。

よく「バイリンガル講師」を売りにしているスクールがありますが、
本場のビジネス経験もないのにビジネス英語を教えているケースが殆どです。

現場を知らない講師が、実際は使われていないビジネス英語の表現
教科書に書かれているからと教えているケースも多く、
これでは使えるビジネス英語をマスターするのは難しくなってしまいます。

それに比べて、
この講座では「英会話講師」としても
「国際ビジネスの舞台での経験」超一流の勝木龍先生が、直接教えてくれる。

だからこそ、
本物のビジネス英語力短期間で習得することができるのです。

2 2

先ほど、
フルセンテンス(完璧な文)で学習するのは
「覚えにくい」
「忘れやすい」
「応用が利きにくい」

3つの問題があるとお話ししました。

例えば、

I’ll have to leave the meeting at around five to pick up my kids
➾私は5時ごろ、子どもを迎えに行くために会議を抜けなければならない。


というフルセンテンスの文章を覚えるのは、1、2度聞いたくらいでは難しいですよね。

こんなフルセンテンスの文章が数100例文もあったら、頭を抱えてしまう人もいると思います。 覚えていくうちに、最初の例文を忘れてしまう、なんてことも・・・

では、
フルセンテンスを使わないなら、どうしたらいいでしょう?

「それなら単語を覚えていけばいいんじゃない?」という意見もあるかもしれません。

単語だと例えば、
「have ,leave ,meeting ,around ,pick up ,kids」
という具合ですが、どうでしょう?

単語だけ知っていても文の繋がりがわからず
「自信をもって話すのは難しいなぁ…」
と感じませんか?

「じゃあ、いったいどうしたらいいの?」

そこで登場するのが、
「ショートフレーズ」です。

ショートフレーズとは、
「フルセンテンス」と「単語」のちょうど中間的な立ち位置で、
文章のキーとなる重要なひと固まりを指します。

具体的な例を出しますね。
ビジネス英語の定番シチュエーションとして
「アポイントを取る」
という場面で考えてみましょう。

「アポを取る」は、
”make an appointment”
と言います。
この”make an appointment”がキーとなるショートフレーズです。

”make an appointment”
これはどうでしょう?
先ほどのフルセンテンスと比べたら、かなり覚えやすいと思いませんか?

そして、
このキーとなるショートフレーズを覚えていれば、以下のような応用がききます。
■ I have to《make an appointment》.
➾ 私はアポイントを取らなくてはならない。
■ Did you《make an appointment》?
➾ アポイントを取りましたか?
■I’d like to《make an appointment》.
➾ アポを取りたいです。
■When did you《make an appointment》?
➾ いつアポを取りましたか?
■Can you please《make an appointment》?
➾アポを取ってくれますか?

ざっと5つ挙げてみましたが、どうでしょう?

キーとなる《make an appointment》さえ覚えておけば、
5つの異なるシチュエーションにすんなり対応できることが、わかると思います。

これが応用が効きやすい「ショートフレーズ」の魅力です。

1つの「ショートフレーズ」で、3つでも5つでも、簡単にアレンジできるので
「使い易く」「効率が良い」ということです。

ですので、
1つのショートフレーズが5倍の例文にも成り得るということです.

では、
実際にショートフレーズはいくつ必要なのでしょうか?
あらゆるビジネスシーンを網羅するには、覚えるフレーズ数を増やせば増やすほど、
対応できるケースは広がりますよね。

ですので、ビジネスの現場を知らない講師なら「10,000フレーズくらいは必要ですね。」
などと言うかも知れません(笑)。
その方が安全だし「長く通学してもらえる」という商売上のメリットがありますので。

しかし、
リーマンブラザーズやバークレイ、ブラックロック、UBSと、
金融の外資系大手10年活躍してきた、生きたビジネス現場を知る勝木先生は、
普通にビジネスの現場不自由なく仕事をするなら、

わずか
500フレーズあれば充分です」と言い切ります。

たった500フレーズでビジネス英語が不自由なく使える??
ちょっと信じられないかも知れませんが、これは、ニューヨーク、ロンドンなど、
ビジネス英語の本場の最前線で活躍してきた勝木先生だからこそ
どのフレーズが本当に必要で、どのフレーズは覚えなくても大丈夫
という区分けを、自信を持ってできるのです。

ですので、
ただ500フレーズに減らしたのとは全く異なる、ビジネスで最も使える表現のみ絞って、
重要度の高い500フレーズを完成させたということです。

一方で、
勝木先生のビジネス英語講座がすごいのはフレーズだけではありません。

実は、ビジネスの現場では、
教科書どおりの表現を言うだけでは、相手との交渉が決裂してしまったり、
相手との信頼関係を作れなかったりします。
相手は人間ですので、マニュアルどおり進まないことも多いです。

ではいったい、どう対応すればいいのか?
こんな時こそ、勝木龍のビジネス英語が役に立ちます。
外資のビジネスの現場で10年間活躍してきた勝木先生だからこそ、
相手の態度や表情、アクションの違いによって変化させていく英語表現と、
さらに、表現以外のしぐさや行動などで気を付けるポイント、相手の心を掴む方法まで
具体的に教えてくれます。

これは、通常のビジネス英語講座の範囲を超えるものですが、
先生は杓子定規的な表現では、逆に話が壊れてしまうこともあるので、
英語表現以外の重要性、具体的な対処方法もしっかり伝えていくとおっしゃっています。

500フレーズと、さらに勝木龍のビジネステクニック。
この2つを学べば、あなたも、ビジネスパーソンとの厳しい交渉のシーンや、
相手と素早く信頼関係を結びたいときなどに、自信を持って行動できるようになるでしょう。


SmartBusinessEnglishを
試してみたい方へ

※体験セミナーの最後にスクール(有料)のご紹介があります。
※体験セミナーをキャンセルしたい場合は
3 3

英作文特訓 
~魅力的な自己紹介を作成する~


ビジネスシーンで必要不可欠な
「自己紹介」を作成。 自己紹介攻略
パターンシートを基に
オリジナル自己紹介
を作成し、勝木先生が完璧な英語に添削。 その完璧な自己紹介を
条件反射で回答できるように身体に染み込ませていく。

個別発音特訓 
~ネイティブにも自然に伝わる~


英作文特訓で作成したオリジナルの
自己紹介を勝木先生が完璧な発音で収録。
その音声データを何度も聞き流し、
さらに合宿特訓で勝木先生から直接指導で
完璧な発音を手に入れる特訓。

パブリックスピーチ特訓 
~堂々とプレゼンを可能に~


作成した自己紹介文を基に大勢の前でも
屈しないパブリックスピーチを特訓。

  • 大勢の前でもビビらない方法
  • 相手の心に刺さるスピーチ方法
  • 急な質問への対応方法
  • プレゼンを成功させるための秘策
  • 目の送り方や表情の作り方

合宿特訓では勝木先生があなたのスピーチを直接指導。

ネイティブ特訓 
~リアルな現場をイメージ~


実際にネイティブを招いて完璧にした自己紹介を実践。
さらに、ネイティブにも同じ質問をし、
ネイティブからの返答で「聞き取れなかったこと」「返せなかったこと」をメモに取り、わからなかった部分は勝木先生に
質問をし、
解消させる。

温泉合宿特訓 
~最終総仕上げ~


最後の総仕上げとして、1泊2日の温泉合宿で全てを解消させる。

  • ビジネスフレーズ500の応用
  • パブリックスピーチ・発音を徹底的にカバー
  • より現場をイメージしたワーク

授業ではカバーできないような内容を
「リラックスした環境」の中で身に付ける。

日時
9月24日(火) 満員御礼!
10月1日(火) 満員御礼!
19:30~21:30
講師

世界最大のプライベートバンクUBS
元最高投資責任者

勝木龍

受講料
9/30まで期間限定
3,000円 → 無料でご招待!
来場特典
動画コンテンツ

短期間でビジネス英語を
マスターするための4つの秘訣

会場
東京 神田駅 徒歩1分
お申込みボタン
※ご希望の方向けの有料コースもご用意しております。
※体験会をキャンセルしたい場合は


体験セミナーの位置づけ


最新「ビジネス英語 攻略」の
本質を理解する

体験セミナー : 通常3,000円
  • 今、世界で通用する英語力とは?
  • 一般英語とビジネス英語の根本的な違いを理解する
  • ビジネス英語学習で陥りがちな罠
  • 発音の重要性理解とその攻略法
  • 外資系企業や海外勤務で日本人が成功するためのポイント
※体験セミナーをキャンセルしたい場合は
勝木龍による3ヶ月の直接指導
Basicコース:60万円
Basicフルケアコース:65万円

  • 勝木龍Smart Business Englishの全ノウハウの詳細解説
  • 専用開発アプリを活用して厳選コアフレーズを無駄なく習得
  • 個別発音特訓、ミニスピーチ特訓、英作文特訓で即戦力養成
  • NLP(神経言語プログラミング)目標達成術で結果にコミット


マイクロソフト日本法人代表取締役 成毛眞氏

「英語なんて勉強するな!」と言っているが、でも、一つだけ例外がある。
勝木龍の本が20年前にあったら私が英語を習得するのは
もっと楽だったかもしれない。

(※成毛眞氏の書籍からコメントを引用しております。)


9割の人には英語が必要ないとはいえ、1割の人には必要である。


だが、現実には日本人の10人に一人が英語が使えるとはとても思えない。
東京都心ですら、外国人に道を聞かれそうになって足を速める人がほとんどである。


何とかしてその1割の人に活用してほしいのが、
本書(ビジネス英語類語使い分け辞典-著:勝木龍)である。
著者は「本書を覚えようとしない事。理解してほしいのだ」という。


まさにそのとおり。
勝木龍の本が20年前にあったら私が英語を習得するのはもっと楽だったかもしれない。

【プロフィール】

成毛 眞
「HONZ」代表。1955年生まれ。北海道札幌西高等学校を経て、1979年中央大学商学部卒業。アスキーなどを経て1986年にマイクロソフト株式会社入社。 1991年よりマイクロソフト代表取締役社長。 2000年に退社後、同年5月に投資コンサルティング会社インスパイアを設立。スルガ銀行株式会社などの社外取締役などを兼職。早稲田大学ビジネス・スクール客員教授。

※個人の見解であり、感じ方や結果には個人差があります。

元NHK『ニュースで英会話』講師 伊藤サム

画期的な英語スクールを立ち上げると聞いて興味深く思っています。

勝木龍さんは綿密な英語表現データベースを作り上げた実績があり、
今回は画期的な英語スクールを立ち上げると聞いて興味深く思っています。


英語のみならず金融の専門書を出版するなど広い守備範囲を持ち、
すでに超多忙なのに、さらに新しい分野に突進するエネルギーを
見習いたいと思っています。

【プロフィール】

伊藤 サム
ジャパンタイムズ元編集局長。ジャパンタイムズ時代には報道部記者として、外務省、首相官邸などを担当。 英BBCなどに時事コメンテーターとして出演。2008年に退職し、著述業に。NHK Eテレ「ニュースで英会話」元講師。

※個人の見解であり、感じ方や結果には個人差があります。

立命館大学教授 山本信一

彼はスーパーマンです。理論をマスターしつつ、
コミュニケーション能力を両立させた稀有な指導者です。

勝木龍さんは、デリバティブ理論をマスターして、京都大学経済学博士を取る一方、
国内機関投資家での運用や、 外資系運用会社で運用・営業・人事までやっている
スーパーマンです。


理論をマスターしつつ、英語・日本語のコミュニケーション能力・営業力を
身につけている人などいないはずですが、彼は、それを実践しています。

【プロフィール】

山本 信一

立命館大学教授。78年慶応大学経済学部(計量経済学)を卒業後直ちに日本生命に入社。 保険数理部門を振り出しに、営業所・商品開発部門・運用企画部門・ニッセイ基礎研究所等に勤務。 87年4月から2年間、日経センターにて香西理事長のご指導を受け、日米製造業の価格競争力に関する論文を作成。89年3月からの1年間は、米国ブルッキングス研究所客員研究員として 英文論文を作成。2001年3月から配属されたニッセイ基礎研究所では、コンサルタント業務の傍ら、資産運用入門書を執筆した後、 定期保険の保険料設定にファイナンスを取り入れた論文を発表。 2003年には、日大数学科で保険数学を教えた。著書に「総合分析 株式の長期投資」( 中央経済社)「年金資産運用」(朝倉書店)などがある。

※個人の見解であり、感じ方や結果には個人差があります。

英語学習スタイリスト 石原真弓

先生のもとで英語学習を続ければ、国際社会に対応できる英語力を
楽しみながら身につけられること、間違いナシ!

勝木先生、英語講座の開始、誠におめでとうございます。
勝木先生とは、知り合ってかなりの年月が経ちます。
ある出版社主催のパーティでお会いしたのがきっかけでした。
大勢の中でも、その人がいるだけでその場がパッと明るくなる、そういう人っていますよね。
勝木先生は、まさにそのようなステキな先生です!


ご著書、『魔法の口ぐせビジネス英語CDBOOK』(明日香出版社刊)や
『ビジネス英会話フレーズ 2255』(すばる舎刊)なども大変分かりやすく、
また、親しみを感じます。 先生のお人柄が表れているのでしょうね。
ビジネス界においても、あらゆる分野に精通していらっしゃる先生のもとで
英語学習
を続ければ、 国際社会に対応できる英語力を楽しみながら身につけられること、
間違いナシ!でしょう。 Enjoy learning English with Katsuki-sensei !

【プロフィール】

石原 真弓
英語学習スタイリスト。高校卒業後アメリカに留学。コロラド州デンバーで英語や秘書業務、経営学を学んだ後、通訳などに従事。 現在は英会話教室などで英会話を教えるほか、英語スピーチコンテストの審査員も務めている。主な著書に『英語で日記を書いてみる』(ベレ出版)、 『英語日記ドリル〔Plus〕』(アルク)など。

※個人の見解であり、感じ方や結果には個人差があります。

勝木先生からのメッセージ 勝木先生からのメッセージ

よくある質問 Q&A

体験セミナーでしつこい営業はありませんか?
体験セミナーにご参加されて、自分には必要ないと感じられた方に対しての しつこい営業は一切いたしませんのでご安心下さい。
体験セミナーの参加者さんはどんな方が多いですか?
会社で英語が必要な方や、素早くビジネス英語力を上げてキャリアアップをしたい方など、
仕事のいろいろなシーンですぐに使えるビジネス英語を短期間で身に付けたい方々が多いです。
英語が全く話せなくても受講はできますか?
受講時の英語レベルは、簡単な会話が出来る程度で問題ありません。
中学校卒業程度の英語力、例えば英検3級・TOEIC450点以上の方でしたら大丈夫です。
文法は一切不要です。また、発音はとても重要ですが、スタート時に完璧な発音は必要ありません。
勝木龍からの直接指導で最短でネイティブ張りの発音を習得できます。
仕事の都合で行けなくなりました。どうしたら良いでしょうか?
キャンセルをされる場合は、お手数ですが support@ryu-bizenglish.com までご一報ください。
尚、お申し込み後のご返金はいたしかねますのでご了承ください。
災害などで中止になった場合はどうなりますか?
天候不良や災害等、不可抗力によるセミナー開催中止の場合、メールにて中止のご連絡をいたします。
その際、ご案内できる別日程がある場合はご希望をお伺いいたします。
別日程で都合が合わずお申込みがキャンセルとなった場合、またセミナー中の災害等により
続行不可能となった場合は受講料の払い戻しは致しかねます事、ご了承ください。

日時
9月24日(火) 満員御礼!
10月1日(火) 満員御礼!
19:30~21:30
講師

世界最大のプライベートバンクUBS
元最高投資責任者

勝木龍

受講料
9/30まで期間限定
3,000円 → 無料でご招待!
来場特典
動画コンテンツ

短期間でビジネス英語を
マスターするための4つの秘訣

会場
東京 神田駅 徒歩1分
お申込みボタン
※ご希望の方向けの有料コースもご用意しております。
※体験会をキャンセルしたい場合は

お申込みフォーム


募集は終了いたしました。

お名前必須

お名前(フリガナ)必須

メールアドレス必須


電話番号必須

参加回必須